2008年6月28日土曜日

マクロマスメディアを相手に逆切れするレガシーメディア

毎日デイリーニューズ「WaiWai」問題

 事件の内容を示す為にmsn産経の見出しを用いると、
  英語版サイトに低俗な日本紹介記事を掲載
 となる。

2008年5月下旬
 「内容が低俗すぎる」 「日本人が海外で誤解される」などの指摘や批判が寄せられていたことに気づき、内部で調査開始(訂正でなく削除したという話だが、どういう意思での削除なのか不明)

2008年6月中旬
 一般から多くの批判と抗議が関係スポンサーにも寄せられる

2008年6月21日
 問題サイトの自主閉鎖によって、より多くの批判と抗議が寄せられる

2008年6月24日
 毎日新聞の謝罪記事掲載をきっかけに、新聞各社も事件を掲載するが、低俗コラムを海外だけで連載し続けていた理由や意図に迫る取材までは行われていない。

2008年6月27日
 処分内容が発表されるが、事件の内容が新聞読者に伝わらないように配慮して甘くしているものと思われるのと、批判を受けたものの中から過剰なものだけを取り上げて被害者面しようともしている。

 毎日新聞 朝比奈豊社長     役員報酬10%返上1カ月
 長谷川篤 取締役       役員報酬20%返上1カ月
 磯野彰彦デジタルメディア局長 役職停止1カ月
 高橋弘司英文毎日編集部長   役職停止2カ月
 コラム担当英文毎日編集部記者 懲戒休職3カ月

 ・朝比奈豊 デジタルメディア担当/常務から代表取締役社長に昇格
 ・長谷川篤 デジタルメディア局長から取締役に昇格
 ・磯野彰彦 デジタルメディア局次長からデジタルメディア局長に昇格
 my-mai.mainichi.co.jp
 (ここだけが読者からの意見も社員からのコメントもなく、異常さを無言で露呈している)

 処分とは関係のない毎日記者が名指しされたという誤解を含む批判について法的措置を取る方針を逆に打ち出し、「第三者機関に見解求め、有識者委員会の議題とする」としているが、そこへの意見連絡先が毎日新聞本社そのものというのがまたおかしい、変態記者コラムについての見解は普通の人達の意見から読み取れば良いだけだと思う、もう有識者を珍重するような古い社会ではないのだから、低俗なものはマクロマスメディアの権力なき評価によって消え去っていけばよい。

過剰な反応があるにしても行った内容をきちんとレガシーメディア達が記事にしないから、内容の深刻さが伝わってないように外からは見えてしまう、それで適当な毎日社員名にあてはめて指摘してしまっている人がいるようだが、毎日新聞も企業の保身で社員を盾に人を脅すようなことは単なる逆切れだよ。

新聞記者個人が一般個人から中傷されたことのみを表に出し、新聞社のような強大な組織権力で一般個人を起訴し、犯罪者として世間に晒そうとすることの将来的な危うささえ毎日のようなレガシーメディア達は慎重に考えきれなくなってしまったのだろうか。

毎日社員個人が損害を受けたというならば、原因を作った記者が所属する組織に対しても訴えを起こすと個人で主張すべきだし、記者ならば訴訟でなく記事として原因を探し出してでも書くべきだ。

 マクロマスメディア勢力(ネットコミュと呼ばれてきたもの)の中にいる権力を持たない一般個人がくれた多くの情報は、レガシーメディアからの情報よりも敏速で有用だったことを最後に記しておきます。

0 件のコメント: