2007年4月3日火曜日

中国社長

 社会人10年選手であれば社長職の人を心の中で比較するようになると思う、自分の会社の社長だけでなく取引先や名の知れた会社など、ネットの普及によって片側の顔が見えるようになると隠れている側の顔も覗けるようになる。

昨夜のNHKや朝生は「中国」の話題だったが、成功するだけでは「できる社長」とは言い切れないなと感じた、アイデアを出すことを社長は仕事だと考えないほうがよくて、アイデアが出たら、まとめさせ、時代に間に合うように実行させていくことが社長の仕事だと思う。

時代が要求する文化に間に合っていない儲け方が含まれていないかまで考えていない中国は技術国としてあまり驚異ではないが、アジア圏統合のために侵略戦争を引き起こした過去の日本人と同じ匂いがする。

0 件のコメント: